魅惑の風俗求人~私、デリヘル嬢になりました。~

短編小説|OLからデリヘル(風俗)嬢へ堕ちていく

魅惑の風俗求人~私、デリヘル嬢になりました。~

 お店の対応

私のような風俗未経験者にとって、いきなり、求人先の連絡先に電話をすることってとっても勇気がいるんです。特に、風俗店の連絡先はたいていが、携帯電話ってことが多いですから、その怪しさはさらに増す一方。

そんな時、私がよく利用した機能が、掲示板機能です。この機能、通常、求人内容にたいする質問があれば、風俗店に電話するか、メールするか、いずれにせよ、自分の電話番号やメールアドレスを相手に知られてしまいます。

私も世間体がありますから、あまりむやみにそういった業種の方に個人情報を渡したくなかったのですが、掲示板に投稿すれば、連絡先を知らせることなく、相手に質問ができるんです。
そして驚くのがその対応の速さ。大抵、掲示板に質問を書き込むと数分の間に返事が返ってきます。

内容も、親切・丁寧にわかりやすく教えて下さる担当者の方に、徐々にではありますが、親近感を覚える私がそこにいました。


私もこれまで何度か経験してきましたが、求人先に、内容についての質問などで連絡すると、どこも、わずらわしそうな対応をしてくるのが現実。そんな現代日本で、こんなにまで、私のような社会弱者に気配りしてくださる求人担当のスタッフさんにいつの間にか、逢いたいという気持ちすら芽生えてきました。そして、スタッフさんから、「一度、お会いしてお話ししませんか?」とご連絡を頂きました。

また、その際も、男性スタッフか女性スタッフいずれかを選べるとのことでしたので、今回は丁寧に対応して下さった男性スタッフの方とお会いすることにしたのです。念のため、お会いする際の持ち物など、確認したところ、免許証や住基カードなどの身分証明書だけは持ってきてくださいとのこと。

服装も私服で構わないという回答を頂きました。むしろ、できるかぎり普段通りの格好で来てくださいと念を押されたことだけは今も覚えています。最初は、不安でいっぱいだった私も、いつもまにか、その風俗店の男性スタッフに会う日を心待ちにしていたのです。